『今からの時代に生き抜く力』

人や生き物にしかできないこととは・・・

この写真は東京大学農学部に訪問した際に入り口にあった銅像です。なんだか感動しちゃって写真撮りました。

タイトルにもあるように、この記事は『今からの時代に生き抜く力』をどのように意識して生きていくかを私なりに語ってみたいと思います。

アイキャッチに派手に表現してみましたが、生き抜く力は【役立つ人と意味のある人】によって、これから自分がどのようになっていくかだと思います。

まず、皆様はどちらの部類に入りますか??
そして、どちらの部類になりたいと思っていますか??

もちろん価値のない人などいませんから、どちらかが正解でどちらかが不正解という意味ではありません。
ですが、昔から日本は役立つものばかりにとらわれてきました。

商品についても意味のある物よりも役にたつ物のほうがより進化し成長してきました。

ですが、それが結果的に役立つで止ってしまい意味があると言われるまでには至らなくなっていたのです。

車・家電・家具。身の回りにある物で便利で役立つが意味のあるものは少なく感じませんか?
すぐに新型がでてきてプレミアがつくものなどあまりありませんよね。

分かり易い例えでいうと、新入社員はすぐにその会社で役に立てないですよね?
研修や実務の経験を得て、少しづつ役に立てるようにならなければなりません。

役に立てるようになれば、次は存在意義が生まれ誰からも必要とされるようにならなければなりません。
『あの人がいるから大丈夫だ!』と言われるまでになることが【意味のある人】への成長だと思います。

私達が用意できる商品は全て、意味のある物にしたいと思っております。

無くなって不便になって困らない商品よりも、無くてはならない商品をつくる。
いなくても困らない人材よりも、無くてはならない人材になる。

それがこれから生き抜いていく力であると考えています。

仮に、一粒食べさせれば一生何も食べなくても良いドックフードが誕生したとしたら世の中のドックフードは消えてなくなるでしょう。

だけど、私達がつくっているごはんはワンコ達にも飼い主の皆様の為にも栄養だけではなく、食べる楽しみや生きる楽しみがあるごはんを作りたい。

一度洗えばもうケアが必要ないケア用品が誕生しても、使いたくなるケア用品を作りたい。

私達は【役立つ人と意味のある人】では、【意味があり役にもたてる】商品づくりと会社の成長を望み、切磋琢磨していきたいと考えています。

是非!!
無くてはならない存在へと成長していきましょう。

その為には、何が大切かを見極める力も必要だと思います。

一人で悩まず、相談することも大切かも知れませんね♪

そして、最後に生き抜いていく力は【意味のある】にあると思います。

以上。

#PURSUITOFLOVE #パーラブ #社長ブログ #きらきらぼくらのなみだごはん

関連記事

  1. 2020年最後のブログ

  2. 2020年2月6日 商品販売勉強会 in大阪

  3. 『良い口癖』

  4. 『自分は自分で変えるしかない』

  5. 『できない理由より、できる理由を探せ』

  6. 『人が人を育て、人が会社を育てる』

  7. 始めることの難しさ

  8. 『人生は最大の暇つぶし』