どこを見て仕事するか・想像力を働かせよう・

こんばん ゆりです。

最近思うこと。仕事の早い人は『相手目線』で行動してる。
ひとつの仕事をやるときに、この仕事は誰のために、どうのように、いつまでに終わればいいのか。
を考えて、与えられたものを分析して、的確に行動するから早くて正確なんだと思う。
#言われたことだけやればいいじゃないということ

『荷物の発送準備をしておいて』と言われたとき。
ただ荷物を箱に入れて、玄関においておけばいいのか。
#訓練したらサルでもできそう
相手がだれで、何に使う荷物なのか、いつまでに届けばいいのか、宅配業者の指定は無いのか、お届け日の指定はどうなってるのか、納品書は印刷しなくていいのか・・・・・もっとあると思うけど。
これは、すべて相手(荷物を受け取る側)の目線で考えて気が付くこと。やっておいた方がいいことを想像すればいいだけ。ここを押さえて行動することで、丁寧で仕事が早いという印象を相手にも仕事の指示をくれた上司にも残すことができるのではないか。と思う。

初めから『自分目線』でしか、状況を把握しない人は言われた通り「荷物を箱に入れて、発送の準備をして、玄関に荷物を置いた」で、自分の仕事完了に✔を入れちゃうんだと思う。
#言われたことはやったから、間違いじゃないけど

発送を任された時点でそれは、自分の仕事として責任をもたなければいけない。
箱を開けた時に相手がいつも納品書が入ってるけど、入ってなかったといわれたときに
「納品書を入れるような指示は受けていません」って言えますか?
「言える~だって私そんな指示ほんとにもらってないんです」といった時点でうちの会社では、その後一切を任されなくなります。「それ以外の出来る仕事だけをやってもらう。」に徹してもらうだけ。
それが楽でいい。と思ったとしたら、とても残念。
だって、その仕事って他の人にも楽勝でできちゃう仕事。あなたじゃなくてもできる仕事ってこと。もっと言えばあなたができる仕事をもっと早く出来る人が現れたら、その人にお願いするようになる。これを繰り返すとどんどんあなたのいる場所が少なる。

酷い!って思うのかな?でもこれが成長しようとする会社でともに成長する人。
私はこんなことを1日中考えながら、スタッフに目を光らせている。
#お局様
#最近口うるさくなった自分
#嫌われるの怖がったら仕事にならん
#本当は優しいのよ

そんな私も毎日少しでも成長できるように頑張ってます!

今日もお読み頂きありがとうございました。
では、また~今週も元気に頑張りましょ~~♪

裕理

株式会社plustは、PURSUIT OF LOVEを通じ『飼い主様とワンちゃんが楽しく暮らせるお手伝い』をしています。皆様の応援に支えられています。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 失敗を堂々と話せるようになった時

  2. 強くなれ!

  3. 「なんでもいいですよ」って気遣いですか?

  4. 叱ると怒る

  5. 好奇心をもつ?!

  6. 選択は自由

  7. 感謝

  8. 思い込みをなくす