思い込みをなくす

@色々な視点で物事を見る 「こうあるべき」を外せば世界は更に広くなる

皆さま こんばんは、ゆりです。

毎日の仕事の中で、うわ~これ大変だなぁって思う壁にぶつかることがあります。
その壁は、今まで自分が経験したこともないくらいの高さで登れる気がしないなぁ。
と少しネガティブな気分になることもあります。

以前私の友人が今までやったことのない仕事の部署に異動になり、毎日ノルマとの闘いでイライラしてました。
やっと時間が取れて一緒に食事をしていても、ずっと会社と仕事の愚痴。
高い壁を突き付けられて、やっと半分よじ登っても、滑って落ちて落ち込んで。
その壁をよじ登ることばかり考えている友人に「上らないで、穴開けちゃえば?」と伝えました。
別に壁はよじ登るだけじゃなくて、色々な方法でクリアできるよ。
でもそれではズルするみたい・・・って(笑)
真正面からぶつかって、はね返えされるなら、登り方を変えればいい。
全てを同じ方法で乗り越えようとしないで、壁によって変えればいい。
壁はこう乗り越えなければならない。なんてルールはない。
あるとすれば自分自身で「こう乗り越えないといけない」と思い込んでるだけ。

近くに乗り越えた人が居るのなら「どうやって乗り越えたか」聞いてみるといい。
聞く人それぞれで「乗り越え方」は違っているはず。

自分だけで考えてしまうと、思考は狭くなる。
先人の知恵を拝借するのは、決してズルではないと思います。
#もしそれをズルだと思うなら、それも思い込み

もし今、何かにつまずいたり、ぶつかったりしているのなら
ぜひ視点を変えて、まずは乗り越えた人の話を参考にしてみてはどうでしょう。
そこには、自分にないびっくりするようなアイディアのお宝があるかもしれません。

では、また来週~~
今週も元気に生き抜こう♪

ゆり

株式会社plustは、PURSUIT OF LOVEを通じ【わんちゃんと飼い主様が笑顔で暮らす】お手伝いをしています。

 

関連記事

  1. 「なんでもいいですよ」って気遣いですか?

  2. そこまでの道のり

  3. Try and Error

  4. 躓いたその時に必要なのは

  5. 誰のために、何ができるか

  6. 3割増しの○○

  7. 入れたものしか出せない

  8. 逆の立場になるとよくわかること