始めることの難しさ

始められるヒトの確率

会社を創立してから突然周りが、

『俺も、こんなビジネス考えてて、あーして!こーして!やろうと思ってるねん!!』
『私も、こんなことやってみようかなぁ~』
『自分も、こんな夢があってこんなことをしようと思ってるんだけど、始めるときは力貸してね!!』

と言い出したんです。

たくさんの人が変化したいと思ってるんだなぁ~って思いました。述べ100名以上の方から同じような声を聞きました。
だけど、その中で実際に独立した人って、1名しかいないんです。(会わなくなっちゃた人の中には独立した人もいるかもしれませんが・・・・)

99%の方がその1年後も、変わらず文句を言いながらも同じことをしている。
何かを始めたい人は無限にいるのに、実際始める人は一握りしかいない。
もっと言うならば、それを継続してやり続ける人は、始めた一握りの中のまた一握りしかいないと思う。

やりたい気持ちがあるのに、始めないのはなんでだろう?
まだやってもいない、まだ経験したことも無いのにリスクだけを想像してしまうから。かなと思う。
だけど、リスク無しの成功なんてありえないと思います。

挑戦することを恐れず、まずは始めてみてはどうでしょうか。

一番よくないのは、今の自分に満足してしまうこと。
自分に満足できないからこそ向上心がうまれる。
そして、ノーリスクを言うのならリスクの少ない、現状の生き方を選ぶ方がいい。

最後に・・・何も行動を起こしてないのに、行動を起こしたばかりの人、努力して継続している人、行動を起こして失敗した人に否定的なことを言わないで欲しい。
行動を起こさない人ほど、変化しようとしている人のことをとやかく言うけど、行動起こしてから言ってほしいと思います。

 

代表 加藤優

関連記事

  1. 正解なんてない!

  2. 『人が人を育て、人が会社を育てる』

  3. 『今からの時代に生き抜く力』

  4. 友達と仲間の違い

  5. 『最高のあきない』

  6. 『商品開発・商品製造。コロナに苦しめられる。』

  7. 努力する仲間を選べ

  8. 『人生の脚本』