愛犬が吐いてしまった!もしかして『体内リセット』のサインかも。

愛犬の嘔吐って、不安になりますよね。

急に背中を丸めて嘔吐。突然のことにこっちがワタワタした時には、もうスッキリ。

何事もなかったかのようにお水を飲んでいる。

ネットには「吐いてスッキリしていたら心配ない」と書いてあるけど、やっぱり不安だし、何よりかわいそう。

一般的に犬が嘔吐する原因は、空腹・ストレス・車酔い・消化不良など様々。

もちろん中には重大な病気につながる場合もあるので、注意が必要です。

胃液の嘔吐はリセットのサイン?

その中でも特に多いのが、胃腸の調子によるもの。黄色い胆汁や透明で泡状の胃液を吐くのは、空腹が原因と言われています。

そうなると、こまめにごはんやオヤツをあげたくなるのが、飼い主の想い。

…でもちょっと考えてみてください。

空腹は良くないからと言って、あなたが常にごはんやお菓子を食べていたら…体重は増えるし、胃腸が疲れてしまいますよね。

お正月の後に七草粥の風習があるように、古来から『食べること』と『休めること』はセットになっているんです。

つまり犬が胆汁や胃液を吐く時は、体をリセットしていると考えられます。

たとえば人間で言うファスティングやオートファジー。疲れた胃腸をリセットすることで新陳代謝を取り戻したり、体内の細胞を生まれ変わらせる働きがあります。

特に犬の食事は、炭水化物や動物性タンパク質・脂質が多くなりがち。それでいて運動量が少ない室内飼育が基本になっているので、胃腸に負担がかかりやすくなっているのです。

その不調を治そうとする過程で起こる刺激が、胃液や胆汁の嘔吐につながっているとも考えられます。

ドッグフードクオリティを超えた、「いぬの食品」

思えば、人間も食べれるクオリティのドッグフードって、世の中にどれくらいあるのだろうか…。そんな想いをカタチにしたのが、PURSUIT OF LOVEのごはんシリーズ

愛犬に”飼料”ではなく”食品”を!!そんな想いで大切に作られています。

新鮮で安心な食材と、バランスの取れたレシピ・たっぷりの愛情。「ドッグフード」を超えた「いぬのための食品」です。

愛犬の嘔吐が気になったら…

いつまでも健康でいてほしかったら…

人間も納得できるフードを見つけたかったら…

「このコのごはん、私も食べられるかな?」

目の前のフードに、そう問いかけてみませんか。

 

 

 

きらきらぼくらのなみだごはん もりもりぼくらのげんきごはん ぼくらのぶたごはん ぼくらのしかごはん ぼくらのさかなごはん 生きらきら 生もりもり おとな生きらおいしいごはん おとな生もりおいしいごはん

関連記事

  1. 散歩の後の足、拭けばOK?やっぱり洗うべき?

  2. 《愛犬の歯磨き、してますか?》

  3. ”皆さまにとっての「ドッグフード」ってなんですか?”

  4. “良いいぬのごはんを作るためのたったひとつの条件̶…

  5. そういえば、犬に油って必要?

  6. 犬とオヤツの、いい距離感。

  7. “徒然なるままに。除菌のハナシ。”

  8. “食べない”に潜むメッセージを、読み取ろう。