自分の歴史を作る

@日々の積み重ねが自分の歴史になる

こんばんは、ゆりです。

僕ね、自分の歴史を作りたいと思ってるんです。
だからね歳を取ってそれを振り返ってみた時にあぁすればよかった、こうすればよかった。
と思わないためにチャレンジを続けて、失敗も経験して、その毎日の積み重ねで自分の歴史を
長い巻物にしたいと思ってます。
そう思うと今ある問題から目を背けてしまうのか、それに果敢にチャレンジするのかで、その巻物に記される内容は違ってしまう。
歳をとって振り返った時に自分に恥ずかしくないようにしたいと思ってるだけです。
株式会社plust 代表取締役 加藤優

弊社の代表は、時々仕事の合間に私たちのところへ来て、一緒にお茶休憩をしてくれます。
その時になにげな~く大事な話をしてくださいます。

常に自分が大事にしているのは、会社を存続させること。そこには社員の満足がある事。社員の満足を得るために社会にとって意味のあることをし続けること。だとも・・・・

「社長!かっくぃ~~♪」でしょ?

全員に「人生」があり、その人生を歩いた軌跡が自分の歴史になるのなら、自分で考え、思い、行動し
巻物なら長く、書物なら分厚くしたい。
そんなことを言いながら、豚まんを頬張るBOSSを若いスタッフが目をか輝かせてみている。

こんな瞬間もきっとBOSSの歴史にのこるかな。

そして、そんなことを感じ、毎日を感謝と幸せで生きれる私の人生の歴史にも残るんだね。
ありがたや、ありがたやクスクス・・

いつも私達に挑戦を見せて頂きありがとうございます。
時々は、私視点のBOSSのリアルな仕事や思いを書いてみようと思いました。

不惑を迎えた私達のBOSSへ
いつもありがとうございます。
スタッフ一同

 

皆様、今日もありがとうございます。
自分史、書いたことが無い方は、ぜひ書いてみて下さい。
また、来週~~♪ ゆりでした!

株式会社plustは、PURSUIT OF LOVEを通じ【飼い主様とわんちゃんが楽しく暮らすお手伝い】をしています。

 

関連記事

  1. 友達はたくさんいますか

  2. 1日の終わりに反省しない

  3. 誰のために、何ができるか

  4. ストレスフリーになりたい!?

  5. 意味づけ

  6. 感謝

  7. 「なんでもいいですよ」って気遣いですか?

  8. 自由はいいなぁってホント?!