犬のQOLを考える 

最近、QOLという言葉を聞くことが増えてきました。
QOL=Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)、つまり「人生や生活の質」のことです。

今や人間に限らず、犬の寿命も伸びてきました。

アニコムホールディングス株式会社の「アニコム 家庭どうぶつ白書」によると、2008年に13.3歳だった犬の平均寿命は、2017年で14歳、2021年には14.65歳と毎年着実に伸びています。

しかしその反面、病気やアレルギーといった不調を抱えるコや、介護が必要になるコも増えています。
年をとっても病気になっても、「幸せ」と思える犬の暮らしを、考えてみましょう。

犬にとってのQOLとは

まず犬にとってのQOLとは、下記のような点を満たせているかと言われています。

✅犬らしく(そのコらしく)暮らせているか
✅幸せか
✅安心できるか

「犬らしく(そのコらしく)」を実現するために大切なのが、心身の健康。
歩いたり匂いをかいだり、飼い主との時間を楽しんだり。
体と五感を使って人生を全うすることが、犬にとってのQOLの実現だと思っています。

愛犬といつまでも一緒にいるために、どうやってQOLを高めていけるかをご紹介します。

まずは、犬の習性を理解しよう

犬のQOLでまず考えたいのが、「犬らしく」というもの。

犬の習性を活かせるような暮らしを整えることは、QOLの向上に大切です。

・匂いを嗅いで何かを探したい、逃げるものを捕まえたい
・集団で行動する
・縄張り意識が高い
・キレイ好き(寝床や体が汚れるのを嫌がる)
・しっかり体を動かしたい

こういった習性を理解した上で暮らしを整えてあげることが、幸せな暮らしにつながっていくと言えます。

たとえば、こんなことから

あなたの愛犬が活発な成犬の場合、まずは↑のような「習性」を活かしてみましょう。
おもちゃを活用したり、散歩の時間や距離を伸ばしたり、ドッグランで運動するようにしたり。
散歩やドッグカフェ、トリミングなどで、ほかの犬と交流する機会を増やすのもいいですね。

また犬種によっても「らしさ」を発揮できるライフスタイルは異なります。
理解を深めるためにも、獣医師やブリーダーさんなどに相談しながら、暮らしを考えてみましょう。

シニア犬や老犬でも、QOLを大切にできる暮らしを

もちろん、運動能力が低下したシニア犬や病気のコでも、QOLを大切にする生活ができます。
むしろ成犬のように活動できないからこそ、「そのコらしさ」を大切にすることが、幸せな人生(犬生)につながります。

シニア犬や病気のコは、起きている時間より寝ている時間の方が長くなり、筋肉や足腰も衰えてきます。
そのため本来の犬の習性である、走り回ったり獲物を捕まえたりといったことは難しくなります。
その中でできることを、考えていきましょう。

■散歩
足腰が弱っても、外に出て五感を働かせることは、犬の本能をしっかり刺激します。
地面に足をつけたり、少しでも歩いたり、外の風や匂いを感じたり。
もし余裕があれば、お散歩の時間を減らしつつ、回数を増やすとより効果的ですね。

■食べ方を工夫する
オヤツやフードをあげる時、口元に持っていってあげることも多いと思います。
もし活動に余裕があれば、オヤツを隠して探す遊びをしたり、目の前のコップに隠してみたり、遊びながらオヤツや食事を楽しむのがオススメです。

■生活空間の整備
犬はキレイ好きで、特に寝床が汚れるのを嫌います。
そのため寝る時間が増えてきたコは特に、寝る場所や普段いる場所を整えてあげましょう。
ほかにも滑り止めを敷いたり段差を減らしたり、自分で動ける範囲を増やし、清潔を保つことが大切です。

■身だしなみを整える
居住空間と同じくらい、身だしなみがキレイであることを大切にしています。
そのため、こまめにブラッシングをしたり、無理のない範囲でお風呂に入れてあげるといいでしょう。
お風呂に入るのが難しい場合も、蒸しタオルで関節や体を温めると効果的です。

こうした活動はグルーミングと呼ばれ、飼い主と行なうグルーミングは、コミュニケーションにもなります。
飼い主とのふれあいはリラックス効果もあるため、積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

パーラブと一緒に、QOLの高い犬生を

※画像クリックで商品ページへ

犬のQOLを高める生活に、ぜひパーラブの商品を活用してください。

たとえば被毛や歯など、体のあらゆる部分のお手入れには『艶色マルチジェル』
美味しく食べやすいごはんで栄養を摂りたいなら、『生きら・生もり おとなおいしいごはん』
効率的に栄養を摂りたいなら、『egao』をはじめとしたサプリメントを。
『ぼくらのごはん』シリーズをふやかしても、ウェットフード同様の食べやすさを実現できます。

かけがえのない家族である犬。
いつか来るお別れの時までそのコらしく過ごせるよう、QOLを高める生き方を、パーラブは応援します。

関連記事

  1. 室内飼いも必要? 健康だけじゃない、散歩のメリット。

  2. 江戸時代から続く、「猫と油」の意外な関係

  3. 「ごはん」ってやっぱり大切

  4. 《黙祷》

  5. 犬も猫も人間も、腸活で体の中から元気に。

  6. “徒然なるままに。除菌のハナシ。”

  7. 夏の虫対策に、ジェルの新定番を

  8. 忘れてませんか?肉球ケア