叱ると怒る

@京都 自然って美しいですね

こんばんは、ゆりです。

今回は頂いた質問にお答えしようと思います。
「私はある会社に勤めるOLです。仕事は楽しいと思っていますが、上司からよく怒られます。裕理さんも部下を怒ったりするんですか?前にブログにも怒り方の話を書いていたので読ませて頂きましたが。」

お仕事が楽しいって言うのは、すごくいいことですね!素敵です。
ご質問の「怒ることはあるか?」ですが私は怒りません。会社に対しても、スタッフに対しても怒ることは全くありません。
っていうと、良い人、頼りない人のように聞こえるかもしれませんが、怒ることはないけど、叱ることも、叱り飛ばすこともあります。(苦笑)

ここで間違えてはいけないのは、「怒る」と「叱る」の違いです。
よく「また会社で怒られたー」という人の話を聞くと「怒られたのではなくて、叱られた」の間違いだな。
と思うことがあります。

そもそも「怒る」は、感情に任せてイライラなどをぶつけること。「叱る」は、相手を思ってアドバイスしたり注意したりすること。
(以前のブログで「怒る」と表現してますね(汗)失礼しました。今回のブログで訂正させて頂きます。)

怒るは、理由もなく自分の感情だけで相手を罵ったりすることなのだと思います。
叱るは、理由があって、その理由をきちんと説明できる内容です。

例えば、部長に提出する資料の作成をスタッフに依頼したとします。
私が席を外している間に、作成を終えたスタッフがその資料を部長に渡してしまった時に「なんで私に見せないで先に部長に渡すのよ!勝手なことしないでよ!」とスタッフに言うのは「怒ってる」です。

「なんで先に部長に渡してしまったの?あの資料は、あれで完成ではなくて、私が提案しているものと合わせて提出する予定だったの。先に言っておけばよかったけど、私が依頼した仕事は、一度私の目を通した上で提出するルールだよね。次からは気を付けてね」とスタッフに言うのは「叱る」です。

もし、上司や同僚がいつも怒ってるのであれば、それはその人自身も気を付けなければいけないことだと思います。

ご質問者様ももしかして怒られてるのはなくて、叱られているのかもしれません。
もし、叱られているのであれば、良い同僚や上司に恵まれているのだ思います。
「叱られているうちが花」です。期待してもらっているからこそ。のことだと思います。
そして、ご質問頂き有難うございました。

本日も大切な時間を使って読んで頂きありがとうございます。

株式会社plustは、PURSUIT OF LOVEを通じ『飼い主様とワンちゃんが楽しく暮らせるお手伝い』をしています。皆様の応援に支えられています。いつもありがとうございます。

では、またね!今週も元気に生き抜こう~♪

ゆり

 

関連記事

  1. 思いやり

  2. 何を怒るかよりもどう怒るか

  3. 今年も残り半年・・・

  4. 御用聞きになってませんか?

  5. 入れたものしか出せない

  6. 守破離って知ってますか?

  7. 躓いたその時に必要なのは

  8. ご褒美