いつまでも歩ける足腰に、上質なコンドロイチンを

犬の健康を支える重要な要素が、足腰の健康。
四本脚で歩く犬にとって、足腰が健康であることは、体全体の健康や寿命に直結します。

また犬種によって、ヘルニアなど足腰の病気になりやすいコもいます。
今は元気なコもシニア犬も、今から足腰のケアをはじめてみましょう。

運動や食事など、できるものを取り入れてくださいね。

心とカラダの健康は、足腰から

犬は四本脚で歩くため、足腰が弱くなってしまうと、
トイレ・食事・散歩などあらゆる生活が一気に不便になってしまいます。

活動量が減ると肥満をはじめ、糖尿病など様々な健康リスクにもつながります。
介護が必要になると飼い主の生活にも関わるため、普段から足腰のケアが大切なのです。

まずは“強い足腰づくり”から

まずは普段から、足腰を使った運動を心がけてみましょう。
もちろん激しい運動をする必要はありません。たとえばこんな風に工夫するだけでも十分。
シニア犬でも無理なくできるケアもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

■色々な場所を歩く
普段からお散歩をしていると思いますが、「踏ん張って歩く」ことを意識してみましょう。
たとえば砂浜・芝生・土手など、地面を肉球でぎゅっと握りしめながら歩くと、筋力アップになります。
砂利・ウッドデッキ・砂場などもいいですね。

■段差を歩く
木の根っこの周りを歩くという方法も。
ついジャンプしがちですが、根っこを踏んだりまたいだりすると、股関節周りの筋肉を鍛えることができます。
公園の遊具や小さな段差・階段を歩くのもいいですね。

シニア犬・足腰の弱いコでもできること

■坂道を歩く
シニア犬やすでに関節に疾病のあるコの場合、ゆるやかな坂を上り下りするだけでも運動になります。
上りは後ろ足、下りは前足の筋肉を鍛えることができます。
ふんばることで全身の筋肉を使うので、ゆっくりトライしてみましょう。

■歩かなくても外に出る
犬は運動やトイレのためだけにお散歩をしているのではありません。
外の世界に触れるだけで五感が刺激され、気分転換やストレス解消になります。
バギーやスリングに乗せたり、ほかの犬に会ったり、花やお店から流れる匂いをかいだり。
歩かなくても地面に足をつけるだけで、大きな刺激になります。

犬は肉球を動かすことで、全身の筋肉を動かしているような感覚になれると言われています。
介助しながらでも「立てた」「一歩でも歩けた」なら、犬にとって大きな自信になります。
ぜひ積極的に外に連れ出してあげてくださいね。

家でもできる、足腰ケア

家の中にも、ソファやラグといった質感や、座椅子・クッションなど適度な障害物があります。
そこにオヤツを隠して探すゲームをすると、楽しみながら足腰を鍛えることができます。

ほかにも足を曲げ伸ばししたり、マッサージするのも◎。
触れ合うことでリラックスできるほか、足腰の変化にいち早く気づくことができます。

食事からも、足腰ケア

そしてもちろん、食事も大切。
足腰ケア用のフードを選んだり、手作りフードを工夫したり、市販のフードに食材をトッピングしたり。

足腰に良い食材をプラスしたい場合、こんな基準で選んでみてください

タンパク質(筋力アップに⭕)
→鶏手羽・軟骨・スネ肉・すじ肉・カツオ・マグロ・イワシ・鮭
ビタミンC(骨と筋肉を強化)
→大根・さつまいも・じゃがいも・かぼちゃ・ピーマン・小松菜
カルシウム(骨をしっかり形成する)
→煮干し・納豆・豆腐・ひじき・わかめ・昆布・チーズ・桜えび
コンドロイチン(関節の働きを助ける)
→鶏皮・手羽・軟骨・海藻類・納豆
グルコサミン(軟骨の修復を助ける)
→納豆・山芋・めかぶ・きのこ・オクラ・干しエビ

野菜とお肉を一緒に煮てごはんにかけたり、チャーハンや雑炊にしたり、オヤツの代わりにしたり。
少しずつ普段の生活に取り入れていきましょう。

上質なサプリメントで簡単ケア

※画像クリックで商品ページへ

この中で特に意識的に摂っていきたいのが、コンドロイチン。
軟骨は年とともに摩耗し、一度摩耗した軟骨は修復が難しくなります。

しかし普段から手羽や軟骨を摂るのは手間がかかるため、コンドロイチンだけはサプリを使う方も多いです。

パーラブが新たに発売したのが、umino フカ・コンドロイチンプラス
人間用ですがワンちゃんもOK。つまり人間と同じクオリティのサプリです。

原料は、気仙沼港に水揚げされた新鮮なヨシキリザメ
サメ軟骨の中でもコンドロイン硫酸を多く含むフカヒレの軟骨部分のみを使用しています。

作り方にもこだわっており、手作業による加工で軟骨を取り外し、低温乾燥で仕上げています。
軟骨以外の余分な部分はすべて除去しているため、酸化や劣化の心配もありません。

飲みやすさと効果を両立

そして一粒に効果をギュッと凝縮。飲みやすさを考えて、匂いもカットしています。

飲みやすいのに、濃度はしっかり。
フカヒレ軟骨を酵素分解し、特殊なフィルターでコンドロイチン硫酸、Ⅱ型コラーゲンを抽出。
コンドロイチン硫酸は、そのままのサメ軟骨を粉砕したパウダーに比べて4倍もの濃縮率です。

ちなみにワンちゃんの摂取量はこの通り

小型犬や錠剤が苦手なコの場合は、砕いてもOKですよ。

普段のケア・運動に加えて、上質なコンドロイチンで内側からも、しっかりケア。
いつまでも健康な足腰を守ってあげてくださいね。

関連記事

  1. 犬とオヤツの、いい距離感。

  2. 《犬用シャンプーは目に入っても大丈夫?!》

  3. シニア犬のごはん事情

  4. 《愛犬の涙やけにはきらきら、という理由》

  5. 悩んでませんか?ワンちゃんの車酔い

  6. キャメルミルクって知っていますか?

  7. 犬にサプリが必要な理由

  8. 「ごはん」ってやっぱり大切