ご褒美

@楽しい事ないかなぁ・・・目の前にあるよ~

こんばんは、ゆりです。

子供の頃「おてつだいちょう」のシールをためるため、靴磨きや玄関掃除をしていました。
シールがたまると、お菓子を買ってもらえた記憶があります。
子供の事だし、ご褒美があれば頑張ってやれる。
大人になってこれを思い出すと、ちょっとだけ違和感を感じます。

ご褒美があるから、靴を磨くんじゃなくて、靴を磨くことでお父さんの役に立つとか
お母さんを助けてあげることができる、それを嬉しいと自分が感じられるか。
それが出来たら、次のお手伝いをさせてもらえる。
っていう事なんじゃないか・・・でも、子供だもんこれでも充分だけど

学生でアルバイトをするようになって、バイトのお金で好きなものを自由に変えるようになった。
欲しいものがあれば、それを買えるまで頑張ってお金を貯めたり。

社会人になって、仕事をすることはアルバイトの時とは違うと感じた。(当たり前だけど)
なんで仕事するんだろう?お金のため?
お金のためなら、出来るだけ収入のいい仕事を選ばないといけない。
という事は・・・仕事の報酬ってお金じゃないんじゃないか。




社会人になりたての頃、自分のやりたいと思ったことをやらせてもらえず
何か言えば生意気だ!と言われた。
「どうして認めてもらえないんだろ?」と生意気にも思っていた。
#やっぱり生意気だったのだ・・・
今なら分かる・・・価値を伝えられてなかったんだ。
「正当な評価=お金(給料)」という認識があった。

そんな時先輩が「仕事の報酬は、お金じゃないよ」と言った。
仕事の報酬は、次のチャンスをもらう権利を得ること。
【仕事の報酬ってね、次の仕事だよ】って。
#げ~~出来るパイセンは、言うことまでカッコいいかよ~~

正直、社会人2年目の私にはあんまり意味が分からなかった・・・・
でも、私なりにがむしゃらに「与えてもらった仕事をこなした」
ただこなすだけじゃなくて、どうしたらいい仕事が出来るのかを考えるようになった。
次は、こうしよう。これが出来たら、もっとこうしよう・・・・
それから数年「チームリーダーとして、この仕事を任せます」と言われた。

その時、「あ!これか!」【仕事の報酬はね、次の仕事】
今まで、仕事をこなしなながら、お手伝い帳のシールをためてたんだ!
そしてこれがご褒美なんだ!って繋がった。
だって、上司にそう言われて「嬉しい」と思ったもん。

結局、仕事の対価はお金という、短絡的な考え方がそもそも違っていて
仕事の報酬は、仕事・・・を繰り返すことで最終的にそれが、お金という目に見えるものになるだけ。

今日も【仕事の報酬は、仕事だよね】と思ってチャンスを手にいれた!
先日書いた「選択」を今日もたくさんしたよ。
チャンスを掴むぞ♪

今日も最後までお読み頂き有難うございました。

梅雨が長そうな今年だけど、今週も元気に生き抜こう~♪
ゆりでした!また来週・・・・

株式会社plustは、PURSUIT OF LOVEを通じ【飼い主様とワンちゃんが楽しく暮らすお手伝い】をしています。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 今年もよろしくお願いします

  2. 感謝

  3. まさかの読書感想文提出!

  4. 入れたものしか出せない

  5. resumeのススメ

  6. え?!それ間違ってるかも

  7. 高いところから何をみるのか

  8. 叱ると怒る