1日の終わりに反省しない


@はじまりの光 毎日が新しい1日 新しい自分

こんばんは、ゆりです。

【1日の終わりに反省しない】
仕事を終えて、じっくりと反省する。1日が終わって、その1日を振り返って反省する。
すると、自分や他人のアラがめについて、ついには鬱になる。
自分のだめさにも怒りを感じ、あいつは憎たらしいと思ったりする。
たいていは、不快で暗い結果にたどりつく。
なぜかというと、冷静に反省したりしたからなどでは決してない。
単に疲れているからだ。疲れた時にする反省など、すべて鬱への落とし穴でしかない。
疲れているときは反省をしたり、振り返ったり、ましてや日記など書くべきではない。
活発に活動しているとき、何かに夢中になって打ち込んでいるとき、楽しんでいるとき
反省したり、振り返って考えたりはしない。
だから、自分をダメだと思ったり人に対して憎しみを覚えたりしたときは、疲れている証拠だ。
そういうときは、さっさと自分を休ませなければいけない。

超訳 ニーチェの言葉 『曙光』

いきなり、ニーチェです。はい、私すきなんですニーチェ様。
「超訳ニーチェの言葉」は生きるバイブルになるんです。
読みやすい言葉でクスクスと笑ってしまうこと、あるある!と共感するところ
もちろん、そっか~その考え方、視点ね!と教えてもらえること。
盛りだくさんでお勧めです♪

でね、私なりにこの「1日の終わりに反省しない」を考えるんです。
反省は必要がない。と言ってる訳でもないのかな?
自分を振り返ったり、反省したりすることが自分の成長に繋がれば反省すればいいよね。
でもね
たくさんの人と話をして良くあるのが反省だけして、そのままにする。
自己嫌悪で終わる。私はダメな人。とかね。
それで終わらないで反省したことを改善すればいいんだと思う。
大抵、「そんなことないよ。あなたは充分頑張ってるよ」って言われたいだけ。
だったりする。でも、言ってもらっても結局改善しないから、また同じことを言う。
そんな反省だったらしない方がいいよね。

やることがたくさんあって毎日が忙しいと、反省してる時間なんてないよね。
そういう時の方が、1歩も2歩も前に進んでたりして。

さぁ、今日も反省せずにさっさとお風呂に入って寝よう♪

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。
今週も笑顔で生き抜こう~~
またね、ゆりでした♪

株式会社plustは、PURSUIT OF LOVEを通じ【飼い主様とワンちゃんが楽しく暮らすお手伝い】をしています。

関連記事

  1. 御用聞きになってませんか?

  2. 何を怒るかよりもどう怒るか

  3. 選択は自由

  4. どこまで分解できるかな

  5. 「なんでもいいですよ」って気遣いですか?

  6. どうして自分は評価されないんだろう?

  7. 思い込みをなくす

  8. resumeのススメ