他人に花をもたせようよ

自分が花を持ちたい。
他人に花を持たせたら損した気分になる。
せっかくここまで頑張ったのに、誰かに譲ってたまるか!!!

このような気持ちって大半の方があるのではないでしょうか??
かつての私も正直ありました。
それが承認欲求ってやつですよねぇ。

だけど、自分がその花を持つことより、その花を他人に持たせてあげるほうが実は幸せなんです。

いつも、『誰かのために』を忘れずに生きている人ってすごく輝いていて、そして心底周りの方から愛されているんですよ。
そんな人って必ず自分では花を持たないんですよね。

花を持たせてもらった方も引け目を感じる必要なんてなく、素直に受け取ればいいのだと思います。
私もそうしてきました。素直に受け取れるからこそ、次は受け取った花を花束にして、
次の人に持ってもらう。
誰かに花を持たせてあげて、残った花の香りを楽しむのも、そう悪くないんです。

人間は、産まれたときに泣きますよね。
あれは、死ぬときに笑うために泣くのだと思います。

そして、死ぬときにはたくさんのお花を持ち、たくさんの笑顔に囲まれて天国へと行きます。

悲しくてつらいけど。
いなくてさみしいけど。

『でも、あの人にしてもらった事を涙で返してはいけない』

そんな風に、花を渡され天国へと行けばそれでいい。

人も犬も、命あるものはすべてそう。
大切にしてもらうものではなく、大切にしてあげるもの。

是非、みなさん自分の周りにいる自分よりも弱い立場の方がいれば、なお!!花を持たせてあげてください。

代表 加藤優

関連記事

  1. 『私の未熟さ』

  2. その人にしか見えない景色

  3. 『24時間365日』の現実

  4. 自分のやりたいことしかやっていない人の特徴

  5. 『2020年 年頭のご挨拶』

  6. パーラブスタッフが一番のファン

  7. 『【引き寄せの法則】人生、願っているだけでは何も引き寄せられない』

  8. 『利用すべきなのは自分!!』