《これが正解のごはんってどんなごはん?》

いぬのごはんっていろんなごはんがありますよね。

今回発売したぼくらのごはんの原材料には、オイルを使用せず、
食材を圧縮して固めているので粒が硬くないのですが、
それはただそんなふうに今回は作ったというだけでそれが最高!とかではないんですよ。

パーラブのそれぞれのドッグフードの特徴はいわばレシピのようなモノ。
今回のぼくらのごはんはレシピは「ノンオイル、3つのお味、すだき糖を使った新たな美味しさ!」ということですね。

フードメーカーでもあるわたしたちが、こんな事を言ってしまっては元も子もないんだけど、
いぬのごはんって、生きる上でもちろん重要ですが、それが健康におけるすべての要因なわけはないじゃないんですよね。
まあでも、ふつー考えたらそうでしょww
ご自分に置き換えて、冷静になって考えてみてくださいね。

逆にね、わたしが不思議なのは、
我々人間の食事でさえ、ここまで医学が発達している人類でさえ、
“これさえ食べていたら絶対病気にならない”
“これだけ食べていれば絶対長生き出来る” なんてもんはないのに。

兄妹で、同じ生活スタイルで、同じ食生活をしていても
ガンになるパターンとならないパターンだってあるのに。

いぬのお食事だけ、これが正解!こうしておけばオールオッケー!長生き!ノン病気!
なんて事、あるわきゃないわけで。

人も動物も、細胞も生活スタイルも、
個々それぞれのもんなんだから。

では、何を信じて、何を選べばいいのか??

そんなふうに感じている方へのドッグフード選びの指針を大元なりに解釈するならば、
●嘘がないこと
●大げさでないこと
●あくまで個人的な見解であるということを前提でお客様のご相談をお受けしていること
…かな?
まあ〜、良心のあるメーカーである事、じゃないですかね?

そしてね、やっぱり
良心のあるメーカーが作った商品ってのはやっぱり売れているわけですよ。

消費者って、わたしも含めて、ホントよく見てるから。
わかってるから。

良いモノは、良いなりの理由がちゃんとあるわけで。
高い安いじゃない理由がそこにあるわけで。

お食事にこれが正解100%というものは存在しないので、すべては、
そうではないだろうか?
そうである可能性が高いのではないだろうか?という個々の見解だから
それも間違いではないし、これも間違いではない。

ただ、
あなたが何を信じるのか?
メーカーであるわたしたちは何を信じてモノづくりをしてるのか?
それだけじゃないのかなって。

そしてそれを消費者の皆さんがジャッジするだけだなって。
わたしたちは甘じてそのジャッジを受け入れる。それだけだなって
思うわけで。

皆さんはどう思いますか?

関連記事

  1. ペットロスは、克服するもの?

  2. 《食物繊維で”egao” な日々を。》

  3. 《”あなたは虫よけはディート派?ディートフリー派?”》

  4. 《黙祷》

  5. “プロダクト制作において大切にしていること。”…

  6. 犬とオヤツの、いい距離感。

  7. 《新しい”ぼくらのごはん”についてのお話》

  8. 犬にほうれん草はNG? 改めて知りたい、犬×野菜のトリセツ