《”犬を洗う”その時、シャンプーに求める大切な事とは?》

大元でございます。

いぬを洗う。
それは
被毛と皮膚を洗うこと。
ってか、洗うってそもそもどゆことよ?
なぜ、洗う必要があるの?
わたしはずっと、そんなことを考えたりしながら生きてきました

長年考え続けた結果
洗うことは、皮膚にとっても、被毛にとっても、刺激であることが
否定することの出来ない事実であるということがまずわかりました。

そしてそれでも、皮膚や被毛を適度に清潔にすることは
犬の健康維持にとって必要であるということもわかりました。

では、その為に犬用シャンプーには何が一番大切なのでしょうか?

愛犬の為に必要だったから開発したシャンプー

洗うとはどういうことなのか?
そんな止め処ないことを昔から考えていたわたしには
愛してやまなかった我がコの為に、夢みたいなシャンプーが必要でした。

天然由来の安全で高品質な成分だけで出来ていて、
すべてがシャンプー1本で完結し時短できて、
泡立ちが良く、大切な常在菌を落とさずに、でもしっかり汚れは落とせて
洗い流した後はしっとりとして、乾かせば艶が出て、
皮膚に炎症や痒みや赤みがあっても落ちつせてくれて
最高にゴージャスなオーガニックアロマセラピー浴のできる
そんなシャンプー。

グルーミングは自分でもするので簡単でないと困るし
トリミングサロンにお願いしても、シャンプーは必須アイテム。

長年の想いを果たし、満を辞して
あの夢に見ていた、優れた効果や心地よい使用感を実現することができたシャンプー、
それがオーガニックトリートメントソープです。

話は少し逸れますが、時事のことを。

話は少し逸れますが、
この今の騒ぎで世界の土壌細菌の多くは死滅してしまっているでしょうね。。

かつて世界にはそんなに怖い菌はいなかったはずなのに
わたしたちのまわりに昔からいたありふれた菌はいつしか
死者を出すほど怖い菌に変種しました。
それは人類が殺菌剤や抗生物質で無理やり消し去ろうとした報いです。
菌も自分が生き延びる為に変種しその結果より強い菌が生まれてしまったのです。

人間ごときが菌の上をいくことはできないのに。
我々はいったい、どこに向かっているのでしょうか…

菌を受け入れ共存して生きる、
もしくは
人類ごと滅びる
の2択だと、
わたし個人ではおもいます。

未来の子供達のためにできれば、
共存する方を選びたいと切に願い…
でも自分にできることを粛々と。

生き物に元々備わっている力を守る大切さ

まあそれはさておき、シャンプーの話しに戻ります。
先ほども申し上げましたが、皮膚の常在菌はとても大切です。
我々人間の皮膚に新陳代謝があるように、犬たちの皮膚にもそれはあります。

皮膚は元々、自らの力で常に美しく生まれ変わる能力を持ち合わせています。
そんな皮膚にもともとある大切なものを
シャンプー剤で根こそぎ落としてしまうことが何より問題なのです。
清潔である必要はあるけれど、それを過剰にしてしまっては
汚れていることより良くないということを理解してもらいたいと思います。

わたしは、食べ物についてもそうですが
過剰なもの、偏ったものを選ばない、というポリシーを持っており
その理由は
生き物それぞれの自らの力を信じているし、
それに期待してるからです。
なのでわたしがつくるものは皆、そのパワーを引き出してくれるものばかりです。
基本はとってもシンプルです。

愛する我がコの為に大切なこと…。それは、
・食事は食材からだけで出来ているものを選ぶ。
・シャンプーは皮膚常在菌を落とさない穏やかなものを選ぶ。
健やかで、自然で美しくありたいならこれらが非常に大切です。
過剰なことから生まれる過剰な結果にはやはり、リスクを伴います。

もっと生き物を信じましょう!
もともと備わっているパワーを。エナジーを、今こそ。

PURSUIT OF LOVE

関連記事

  1. “食べない”に潜むメッセージを、読み取ろう。

  2. 愛犬の健康寿命を延ばす秘訣は、「歯磨き」にあり。

  3. “徒然なるままに。除菌のハナシ。”

  4. 《弊社一部商品価格改正についてのお知らせ》

  5. “良いいぬのごはんを作るためのたったひとつの条件̶…

  6. 《犬の手作りごはんvsドッグフード論争》

  7. 《犬用シャンプーは目に入っても大丈夫?!》

  8. そういえば、犬に油って必要?